声質

Good evening!

今日は人が持ってる”声”の力について書こうかと。。

私は

幼少期ハスキーボイスだった時期、

散々自分の声は低いと思い

合唱ではなんの疑いもなく

“アルト”を担当してきた。

しかし、

大学で副科として声楽という分野に手を伸ばし

歌を本気で学ぶにつれて、

自分の音域を広げることがすごく楽しく、

またどんどんと昨日出なかった音が

今日は出るようになって…

というなんだか未知の森を一つ一つ探っていくように

新たな世界が見えることにハマってしまい、

今では真ん中のCから数え2オクターブ上のCまで

出るように成長した。(一応出るようにはなったものの、しっかり音程として機能するにはまだまだ熟練が必要だが…)

つい5年前では高い”G”がようやく出るレベルだったが、

今ではAs、Aがとても心地良いと思うようになったのだから、

“歌い続けると喉が慣れる”

というのが本当だと実感している。

そして今ではむしろ中学生、高校生では楽に出ていた

真ん中のCより下の音域を出すのが苦しい。

人の慣れとは恐ろしい物だと感じる。

そして、

高い音域を拡張してきた中で思うのは、

人は歌える音域が広がれば広がるほど、

声の柔らかさやツヤに磨きがかかり、

いわゆる様々な”声質”を持つことができるのかもしれない。

“ふわふわした声”

と一昔前にはバカにされていたとさえ

思っていた自分の声質だが、

それは翻って、

柔らかい=人に安心感を与える

という意味では

この声質が

愛情たっぷりの曲調や

バラードの音楽の深さ

を表現する手助けになるかもしれないと感じている。

まだまだ自分の声に自信は持てないが、

歌うことが無条件に楽しい!と思える今、

歌えるだけ歌い続け、昨日より今日、今日より明日と

自分の声を歌を

育てて行きたいと思う。

正直、ピアノへの愛が1000だとしたら、

声楽への愛は500ぐらいなのだけど、

いつか、

1000+500で

ピアノ愛と声楽愛が相乗効果で

どちらも1500となるように。。

私は明日からも

弾き続け歌い続ける…

ピアノの超絶技巧は弾けないけれど、

その代わり音楽を歌とピアノで二倍に楽しめる。

なんて贅沢なんだろう。。

投稿者: rurupiano

ピアノと声楽の勉強を続けるアラサー女子。 大学卒業後、音楽の勉強を続けるために、 敢えて正社員でない道を選ぶ。 様々な場所、年齢の人を対象に年に数回コンサートを行っている。 自由に使える時間が増えると信じ 年収アップの知恵をつけるべく、 平均月にビジネス書5冊、小説5冊のペースで読む アルバイトのアラサー女が、 "どのようにして女としての幸せを掴むのか。。" 日々の生活と音楽や読書にテーマを絞り 社会に発信していきます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。