他人の不幸は蜜の味

Good evening!

まず、誤解のないように最初に断りをいれておくが

私は”他人の不幸は蜜の味”には断固反対派である。

むしろ、他人の不幸だって出来るのであれば一緒に悲しみたい派だし、        

そもそも結婚する時なんかによく聞く

これからは2人で楽しみは倍に            辛いことは半分に… という文言みたいに

どちらかというと  “辛さや苦しみ、不幸”の要素は減らしてあげたいと思うお節介焼きだ。笑

ではなぜ今日はこのタイトルについて言及するのか…

それは、最近周りをよく見ると、

まさに”他人の不幸は蜜の味”

がごとく振る舞っている人が割といる

世の中だなと気付いたからだ。

悲しいかな、

コンピューターの普及、スマホへの進化…

という著しいIT化が進むにつれて

年々、人々の心もどこか冷めたものになり、

小学生からはいわゆる”思いやり”がある優しい子供が減ってきている

と感じている人は筆者だけではないはずである。

それはつまり、

心の綺麗な持ち主が減ってきて、

それがエスカレートすると、

他人の不幸が恨めしく思うがゆえに、

無差別殺人を起こしてしまう引き金になったり…

という事態を招く小さな要因にさえなっているのかもしれない。

そして、そんな心の小さな人の共通点。

それは”他人の不幸は蜜の味”=自分への優越感と感じていること。

だと思うのだ。

人の欠点、悪の面を見て安心したり、

はたまた嘲笑うことを通して自分の優勢を保つ…

なんて悲しいのだろうと思う。。

この世の法則である、

“出したものが返って来る”という仕組みからすると、

この状態から生まれるのは、紛れもなく

『欠点や悪の面を見て安心される自分』だし

嘲笑った自分に返ってくるのは、もちろん

『嘲笑われる自分』なのだ。

そんな負のスパイラルから生み出されるのは

永遠に暗黒の負の連鎖だけだ。

どうせ生み出すなら、

周りが、世界が、元気になるエネルギーを作り出したい。

やはり人の”幸せ”を祈ることはあっても

“不幸”を祈ることはないのだ。

この殺伐とした現代で、

“他人の不幸は蜜の味”の間違いに気づいてくれる人が

一人でも増えると日本にも少し明るい未来が見えてくる気がする。

投稿者: rurupiano

ピアノと声楽の勉強を続けるアラサー女子。 大学卒業後、音楽の勉強を続けるために、 敢えて正社員でない道を選ぶ。 様々な場所、年齢の人を対象に年に数回コンサートを行っている。 自由に使える時間が増えると信じ 年収アップの知恵をつけるべく、 平均月にビジネス書5冊、小説5冊のペースで読む アルバイトのアラサー女が、 "どのようにして女としての幸せを掴むのか。。" 日々の生活と音楽や読書にテーマを絞り 社会に発信していきます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。