受動的娯楽

Good afternoon!

今日は、

以前読んだ「神・時間術」に載っていた受動的娯楽と能動的娯楽について書こうかと。

まず、それぞれ受動的娯楽と能動的娯楽とはなんなのか…

簡単にいうと、

受動的娯楽は

テレビ、やスマホゲーム、動画視聴など集中力を伴わない受け身的な娯楽を指し、

それに対して能動的娯楽は、

スポーツ、読書、楽器演奏など、集中力や身体を使い、また自己成長に繋がる娯楽を指す。

この事実をこの一冊から得た私は、

読書をするようになってから

スマホゲームやテレビの時間が以前より激減し、

家でテレビを見る息抜きの時間をしなくなった自分に気付いた。

しかし、

一方で、

疲労困憊で外出すらしたくない時などは

集中して

見逃したドラマを見返したり、

昔から大好きなシリーズのドラマをまとめて視聴したり

することが増えた。

一見、動画視聴という点においては、

私はYouTubeなどでドラマ視聴している時間は

受動的娯楽をしていると取れるのかもしれないが、

そこには集中力があり、

一つの気分転換、または頭を休める時間として計画的に

ドラマ視聴の時間をとっている自分がいるため、

目的意識を持った動画視聴の時間は、

時と場合によっては、

能動的娯楽に近いのかもしれない。

と気付いた。

何が言いたいのかというと、

この「神・時間術」の著者が言っていることは

最初は

なるほど、そうなんだという気付きで受容したが、

その内容を

受容し、自分に生かそうとした時に、

自分の意見で疑問が浮かんでも不思議では無いのかもしれない、

それが、

新しい気付きとして機能するのかもしれない。

ということだ。

人の意見は一意見に過ぎない、

“学ぶはまねぶ”だが、

真似した先には、

より新しい自分の意見も加わることがあるということ

を感じた。

こんなことを書いていて気づくことは、

日々、自分でも驚くくらい、

色んなことに頭を巡らせている自分自身がいることだ。

でも、

大切なことやオンリーワンを生み出す人は、

人と違った見方が出来る人だからなのだろうとも思う。

いい意味でも悪い意味でも、

感受性が豊かという性格を生かして、

人が気付かない所を敏感に感じ取って行きたいと思う。

投稿者: rurupiano

ピアノと声楽の勉強を続けるアラサー女子。 大学卒業後、音楽の勉強を続けるために、 敢えて正社員でない道を選ぶ。 様々な場所、年齢の人を対象に年に数回コンサートを行っている。 自由に使える時間が増えると信じ 年収アップの知恵をつけるべく、 平均月にビジネス書5冊、小説5冊のペースで読む アルバイトのアラサー女が、 "どのようにして女としての幸せを掴むのか。。" 日々の生活と音楽や読書にテーマを絞り 社会に発信していきます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。