人生どうしたって辛い

最近思うこと、

人生は何を選択したって、

結局、生きるってしんどいことなんじゃないか…と。

その悩みの種類は千差万別だし、

一人として同じ悩みは抱えていないだろう。

じゃあどうしてみんな悩みを抱えているのに、

幸せそうな人とそうでない人がいるのか。

それはその人自身の悩みに対する向き合い方なのかもしれない。

例えば、

ある人は大切な人を失ったばかりで、

しかもそれは不慮の事故で、

どうしようもない悲しみに打ちひしがれているとき。

その人が感じることは、

“生きてるってそれだけで幸せなこと”

という一点になる。

それが命の大切さを感じたことのない人や

自分が命の危険にさらされたことのない人は、

例えば、大好きな人に裏切られたことや自分の予定が狂ってしまったこと、

遣る瀬無い自分自身に嘆き、

辛い、、と口にする。

私は今完全に後者だ。

悩めることすら、生きてるから出来る特権なのに。

それを、命があること、毎日生きられることに感謝も出来ないで、

自分の気分の浮き沈みに左右されて、

辛いと思ってしまっている。

なんて、贅沢な悩みなんだろう。。

投稿者: rurupiano

ピアノと声楽の勉強を続けるアラサー女子。 大学卒業後、音楽の勉強を続けるために、 敢えて正社員でない道を選ぶ。 様々な場所、年齢の人を対象に年に数回コンサートを行っている。 自由に使える時間が増えると信じ 年収アップの知恵をつけるべく、 平均月にビジネス書5冊、小説5冊のペースで読む アルバイトのアラサー女が、 "どのようにして女としての幸せを掴むのか。。" 日々の生活と音楽や読書にテーマを絞り 社会に発信していきます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。