声楽の難しさとは。。?

こんばんは*

日付はまたいでしまったけど無事連続更新!

はてさて、

今日は、ずばり”声楽の難しさとは”

に焦点を絞って書きたいと思います。

その前に今現在私は、声楽に対して難しさを感じたことがほぼ皆無に等しいです。

というのも、恐らく日々ピアノの譜面を眺めてきたから

単旋律のみの声楽譜にまず

“読みやすい”

“ピアノより簡略的な音づらである”

という印象を抱くのだと思います。

このことから、

ピアノから歌に移行するともはや

もっともっと難しい楽譜ばかり眺めているから

声楽譜の音が多い曲やテクニックが問われる曲、

また、たとえ歌の中では珍しく、ページ数が多い、長い曲も

ピアノの膨大な50ページの曲などを知っているから

“難しい”という印象を受けることがないのかもしれません。

結論:

ピアノの複雑な譜面を日頃目にしていると

声楽譜は単旋律がゆえに複雑だとしても、

それはピアノの簡易的なものにしか相当せず

難しく”感じない”

のかもしれません。

ではまた明日♪

投稿者: rurupiano

ピアノと声楽の勉強を続けるアラサー女子。 大学卒業後、音楽の勉強を続けるために、 敢えて正社員でない道を選ぶ。 様々な場所、年齢の人を対象に年に数回コンサートを行っている。 自由に使える時間が増えると信じ 年収アップの知恵をつけるべく、 平均月にビジネス書5冊、小説5冊のペースで読む アルバイトのアラサー女が、 "どのようにして女としての幸せを掴むのか。。" 日々の生活と音楽や読書にテーマを絞り 社会に発信していきます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。